Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

起立性調節障害



という病気があるらしいですね。


ここ数ヶ月で寝覚めの悪い日々が続いていたのですが、最近は頭痛と吐き気を伴うようになってきたりして。目も開けられないし身体を起こすのも苦行に感じるレベルにまでなっていました。

あまりにも酷いと思って症状を調べてみると、起立性調節障害というものがあると知りました。

まだ診断がつくほどのレベルではなさそうだなと思う一方、仕事に支障が出かねない程には辛いので対策について調べていたところ、試してみたいと思ったのは光時計。


20191206072336fe9.jpeg


光で目覚めるっていうのは実は昔から気になっていて、でも光時計が高いから躊躇っていました。最近では値段もピンキリでたくさん出てはいるのですが、安いものは光量不足で無意味というクチコミもあったり。かといって高いものは数万円。

私は明るいところでもうるさいところでも平気で眠れる人なので、まずは光で目覚めることができるのかを試してみようと思い、買ったのはコンセントタイマー。


20191206072816dee.jpeg


すでにサーキュレーターでひとつ使っているのですが、フロアライト用にもうひとつ購入。寝る前の15分と、起きる時間前後30分ずつ点灯するように設定してみました。

フロアライトなので目が覚めるほどの光量は得られず目覚ましも同時使用ではありますが、真っ暗な部屋の中よりも明るい部屋のほうが起き上がる気になるのは間違いないなと感じています。


ただこのアナログタイマーはオンオフ時のカチって音が大きくてすごくダサいのと、長く使ってるとどうしても時間がズレていくので、もったいないですがスマートプラグに買い換えようかなと悩み中。

そんなことして細かい支出を重ねる前に光時計買えば良いのに、と、思わなくもなかったり(ぇ






↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト