Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

Archive: 2017年01月31日

『作戦会議』

no image
 31, 2017

「私はどうすればいいの?」コハルは緊張した表情で身を乗り出し、目の前に広げられた空港の図面を見つめた。ハヤトは組んでいた腕を解くと図面に伸ばし、国際線のターミナルを指先でトントンと叩いた。「コハルはここだ」「でも……コハルは顔が知られてるんだぞ?整備士のユニフォームならコハルも着られるし、こっちのほうが安全だろ。顔が知られてるのは俺も同じだし、俺とコハルのポジションは変えたほうがいいんじゃないか?」...