Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

Archive: 2018年07月01日

マルオ、初めての威嚇

 01, 2018

昨日早朝、私を起こしに来たマルオ氏。なかなかベッドから起き上がれずに寝転んだまま、どうにか私に相手をさせようと奮闘するマルオを眺めておりましたら。一瞬、お尻歩きしているのを目撃してしまいました。なんとも奇妙な動きで可愛らしかったのですけど、あぁ〜マルオは肛門腺絞りが必要な子だったか……と、寝ぼけ頭は覚醒。その日のうちに病院へ連れて行くことにしました。担当してくださったのは前回同様女医先生。しかし久し...