Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

膀胱炎



残念ながら、マルオ先生は膀胱炎になりました


先週半ば頃から下腹部をちょっと気にしてる風なのは気付いていたのですが、排便・排尿の異常はなく、水分摂取量も普段と変化は無かったので様子見をしておりました。しかし今朝、いつも通りの排便の後元気に遊び、しばらくすると今度は排尿の為のトイレへ……なんだか変な動きで一旦出て……トイレの前で座り、もぞもぞと後ろ足を動かしながら床を見つめ……声を掛けても無反応……またトイレへ入るもすぐに出てきて床を見つめる……

おかしい。明らかに。


何も無い場所をひたすら見つめるのは良くあるのですが、それでも名前を呼べばこちらを向くし、そばに寄って撫でたらそれなりに反応があるのですが今朝はそれも無く。膀胱炎だとお腹を触るとイヤがる素振りをするとネットで読んだので抱き上げてふにゅふにゅしてみるも、それは無抵抗w

なんでやねん。


でもとりあえずあからさまに元気が無く、動きもおかしいし、下腹部を気にする素振りも放置し難いので、仕事を遅刻して病院へ連行。獣医先生がお腹を触っても無反応だったのですが、X線検査をすると膀胱下部に白い影が……見事な膀胱炎でした。

腎臓はクリーンとのことなのでとりあえず安心……もうちょっと早く連れてきてあげれば良かった。


検尿は1週間の抗生物質投与後なので、療養食の検討はそれからかなー。目星だけつけておこうかな。男の子だし、泌尿器関係は気をつけないとと思っていたけど……猫砂も今は水分を含むと粉状になる木製パレットを使っているけど、散らかるし、衛生的に良く無さそうなら変えるべきかな。


純正のにするかなぁ……







関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment