Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

新居費用に使えるお金

残金の支払いと引き渡しを2週間後に控えそわそわとしてきた最近です。家電や家具の購入予定品を指折り数えてかかる費用を計算するにつけて「思っていた以上にお金がかかる…」と若干の焦りも覚えたりしているのですが、具体的にどのくらいの金額を新居費用として使えるのかをちゃんと確認してみました(今更


<前提>
資金1,000万円(自己資金500万+父からの支援500万)
※内100万は母、100万は弟の新生活費用分、100万は父への仕送り積立分


<当初予定>
頭金400万
諸費用100万
新生活費用100万 / 計600万


<実際>
頭金400万
諸費用100万
新生活費用120万(購入予定の家具家電のみで!) / 計620万



当初予定では母・弟の新生活費用分と父への仕送り積立分を除いて100万円を貯金として残せる予定でいたのですが、家具家電一式が想像以上に膨らんでしまいました。新婚で家具家電一式は100万円を目安に…なんていう記事を読んでいたので、ひとり暮らしならその他こまごましたものも含めて100万円で済ませられるだろうと安易に予算を組んでいたのですが、最初の見積もりで業者さんから提示された家電一覧が上位機種ばかりで目がくらみランクを落としにくくなってしまったのが敗因のひとつ。現状、家電だけで80万円くらいがかかる見込みです。

そして家具。キッチンボード17万、ウッドブラインド10万、ソファ10万、テレビ台1万、リビングテーブル1万。一回買ったら長く使うものだから…という理由でこちらも一度選んだものから他の選択肢に手を出せず身動きがとれない状態に。唯一まだ妥協できる段階なのがソファでしょうか。猫ちゃん飼う予定だからひとまず安いのを買っておいて、ソファで爪とぎしちゃう子だったらそのまま…うまく躾が出来たらお気に入りに買い替え、というのも考えなくもないのですが。せっかくだから気に入った家具でまとめたいという欲と、とりあえず買っちゃえばいんじゃね?という得意の開き直り思考に陥りつつある状態。


こうしたことで家具家電一式で120万程が必要となっている現在。その他生活に必要なこまごまとしたものが全体でいくらになるのかは予想もつかず。ところで今銀行口座にはいくらあるの?と、残金決済で必要な分を差し引いて調べてみますと。


現在の預金額527万円。


あれ…?思ってたよりある(ぇ


新生活を始める予定は7月頭からなので、現在の貯金額から
3月~6月の給与収入80万プラス
3月~6月の必要支出40万マイナス
5月・6月の二重払い期間分10万マイナス
父・母・弟分としての取り置き300万マイナス
念のため貯金100万マイナス
家具家電一式120万マイナス

とすると、残りの新生活費用は37万円。


うん。大丈夫だってわかった!笑


なんだろう。最近ずっと感じていたお金が足りない感はどこから来たんだろう。100万単位で口座から口座にほいほいとお金を動かして、諸費用分を現金でほいほい引き出して…と繰り返すうちに今現在の貯蓄額がわからなくなっていたのが原因でしょうか。なんにしても今回とにかくちゃんと確認して、安心できました(笑)

7月入ってすぐに夏のボーナスが支給されることも考えるとさらに余裕。


あー…良かった。











関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment