Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

父親との同居が決まりました

あとひと月も経たないうちにひとり暮らしだ!寂しいけど楽しみ!!と新生活の妄想を繰り広げている毎日でございましたが、この度新居での父親との同居が決定致しました。

一時的に、ですが。


父親はサービス業に就いているのですがお休みが数か月に一度しか取れない(!)ようなブラックもブラックな企業に勤めておりまして。今年定年を迎えるのですが当然のように嘱託としての継続を見越しているのか、6月から新店舗の責任者を任されることになったそうです。

問題はその新店舗の場所。今父が生活している社宅からは片道1時間30分かかるのです。


今でもすでに片道1時間近くかかるところに勤務させられているのですが、さらに遠い場所へ行けと。長年文句も言わずに諾々と従ってきたからなのか足元を見られているのではと疑いたくなる仕打ちです。ただ新店舗の場所を調べてみると、私の新居からであれば有料道路の区間があるものの片道30分程度で通えることが分かり、父へ同居の打診をしてみた次第。

父も私のその言葉を待っていたわけでは決して無いのですが、社宅に住んでいる限り都合良く使われ続けるのは目に見えているので定年を機に引き上げたいとは考えていたようです。そしたらいつでも辞められるから、と。

なので私の提案を受け入れ、一時避難としての同居を希望してきました。同居しながら新店舗へ通いつつ、シルバー人材の求人を探して転職し、その近辺で終の棲家を探したいとのことです。


妄想していたひとり暮らしの生活スタイルはしばしお預けになってしまうので残念な気持ちはありますが、マンション購入の際に援助してくれた父に対して少しでも恩を返すことができるならと思うと「まあいいか」という気持ちです。


ただ暑がり&寒がりの父親は寝室にエアコン必須の人なので、引っ越し後しばらくの間私の寝室にしようと思っていた中部屋の和室を父に提供しなければならないだろうということに思い至り、そうなると北側洋室に自分の寝室を構える必要がありまして。そのためにはベッドを購入せねばならず。

今月末のカード引落しも20万近くいくし、今回の楽天お買い物マラソンでも10万超えてるから7月末もそれだけいくし。ベッドはギリギリに買えば良いかという気持ちもありつつ、どうせ近々買うならポイントが10倍以上になる今買えば良いんじゃないかとも思ったり。


どっちにしても新生活開始時点で貯金100万円保持は厳しくなっちゃったわけなので、開き直っていこうと思います。














関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment