Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

【愚痴注意】コピー機の紙詰まりも直せない人たち

職場に業務用コピー機があって教員の方々も結構な頻度で使用するのですが、紙詰まりしたりトナーの交換だったりとエラー表示が出るたびに声をかけられるのが地味に鬱陶しい。

最近のコピー機はとても優秀で、どこで紙詰まりしたとかトナーの交換手順だとかは全部液晶パネルに表示してくれるんですよね。それを見て対応すれば初見の事態だとしてもよっぽど何とかなる。でも、私の職場にいらっしゃる教員の方々はなぜかその液晶パネルに表示された説明を読もうとしないんです。

「紙詰まりです」のメッセージだけを受け取って器が溢れてしまうのか、それ以上の情報を頭に入れずに私を呼んでくるのです。


こうね、自分でできることはやろうっていう気概の無い人って大嫌い。

どっか詰まっちゃったみたいなんですーとか言われて「はーい」と返事してさっさと対応はするものの、内心では「パネルに表示されてるだろうがてめーでやれよバカか」と思っています。本気で。酷いのになるとパネルを指さしながら「ココが詰まってるらしいんですけどー」とか言って呼んでくる。


パネルに表示されてることまで分かってるのに何で自分でやろうとしないの??


自分でやってくれる人が全くいないわけでは無いのですが、やってくれない人が圧倒的に多過ぎてじわじわとストレスになっています。私がパネルを見ながら対応する姿を何度見ても、本当にただ見ているだけで、そうやってやればいいんだー次からは自分でやってみよう!みたいな気持ちは一切ないらしい。

ひとにモノを教える立場の人たちなのにその向上心の無さは。


紙詰まりしたみたいでー(泣
トナーってどうやって換えるんですかー?(困
手差しトレイってどこですかー?(悩

などなど「お忙しいところすみません」的な表情で毎回頼まれるよりも、「コピー機管理は事務員の仕事でしょ」って上から言われる方が全然マシだとつくづく思う。


はー。吐き出した。


今週は土曜日も半日出勤。がんばろう。














関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment