Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

怒るでしかし!(古い

先方の手続き漏れというミスによりインターネットの工事日が決まらない事態となっておりましたが、本日日程確認のお電話を頂戴いたしました。


こちらから提示していた条件としては

・デッドラインは6月25日
 先方のミス100%なので有無を言わさずゴリ押し

・立ち合いは土日しか無理

この2点でした。


そして今日のお電話ではと言うと

・マンションの管理会社から管理人勤務時間しか工事して欲しくない
 つまり、平日9~17時か土曜日9~12時しか工事不可

・最短で空きのある土曜日午前中が7月上旬のみ(!)


どうにもならないのだそうです。


まあね、そうなるだろうなとは思ってましたよ。管理会社が日曜日不可にしてくるのは予想外でしたが、土日しか対応できない状態で6月25日までに!とか無理目だろうなと。でも納得いかないのは先方の対応でございます。

「申し訳ありません」と謝るだけで済ませようとする。

こちらは土日しか対応できない身であることを自覚しているから早々に契約を申し込んだのに、それを放置しちゃったのは完全に向こうのミスでしか無くて。それで結局調整ができないからスミマセンではこちらは気がおさまらないではありませんか。


「何のフォローも無いのは納得いかない。日程調整がどうしても無理なのであれば、何か別のフォロー案を提示すべきではないか。そちらのミスなのに結果こちらが全ての不都合を飲むのはおかしいのではないか」とお伝えしました。


本日お電話を下さった方は日程調整を行う部署になるので、そういったご相談ですと相談窓口がございまして……と電話番号を案内されそうになったので、「こちらからかけないといけないんですか?」と若干怒気を含んだ口調で申し入れると、先方からかけてくださることになりました。

とりあえず私の契約については先方にミスがあったという情報共有はされているみたいなので、次にどんなお電話をいただけるのか……どっちにしても引っ越し当日にはネット環境が整わないことが確定しちゃったのでガッカリ感は本当どうしようもないんですけども。


どんなフォロー案を出してくるか、前向きに、楽しみに待とうと思います。












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment