Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

本格的に猫準備を始めます

来年の夏に猫を飼い始める予定でぼんやり計画を立てていましたが、いよいよ本格的に準備を進めることに致しました。まず最初に考え始めたのはトイレについてです。


他にもっと考えることがあるのではと思うのですが。当初計画では今年の冬のボーナスでペットドアを設置する予定で、いよいよ年末が近づいてきたなと感じるにつれ「どこにペットドアをつけるべきか?」を考えてみました。するとですね、猫のトイレをどこに置くかということがとても重要になってくるわけなのです。

飼い始めの夏はともかく冬はリビングのドアは締め切りたいですが、臭いがキツくなりがちと聞く猫の排泄物をLDKでは扱いたくはないので、まずはLDKと廊下をつなぐ扉にペットドアをひとつ。じゃあ猫トイレはどこに置きますか?と考えると、それによってペットドアがさらに必要になるか否かが決定されるのですね。とはいえそれほど広さの無いマンションですので、候補は2か所しかありません。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。


第一候補:トイレ内
<メリット>
・換気扇があるので臭い対策ができる

<デメリット>
・設置できる猫トイレの大きさが限られる
・トイレのドアにもペットドアが必要(+2万円弱)


第二候補:玄関
<メリット>
・大きいサイズのシステムトイレも置ける
・猫トイレ用品を置くための棚も設置できる
・ペットドアの追加が不要

<デメリット>
・来客時に見た目が良くない
・猫が玄関に居座ることに慣れてしまい脱走の危険
・冬は寒いかもしれない


調べてみるとだいたいトイレか玄関かのどちらかに置かれている方が多いように思いました。脱衣所という案も多くあり、我が家でも洗面所下の扉を外せばスペースができるかなと考えましたが、浴室からの湿気で猫砂が適切な状態を保てないのではという意見もあったので却下しました。


さて、上記羅列しましたメリット・デメリット。最初はトイレ設置一択だったのですが、成猫になっても小さいトイレでは粗相するかも…いずれ大きいトイレに変えなきゃいけないなら設置場所は玄関しかないし、そうなると最初から玄関設置のほうがペットドア設置で余計な支出しなくて済むか?等々考え始めると玄関設置にも気持ちが傾いていきました。

(つづく)











関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment