Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

父親が増えたような

年上男性にやたらと世話を焼かれがちなマルコです(ぇ


ずーっと通い続けている整骨院の先生が父より少し若いかな?という感じなのですが、週に1~2回も顔を合わせていると世間話も弾みまして。私が独り身であり、結婚願望はとくになく、マンションを買ってひとり暮らし満喫中という状況を「もったいない」とありがたいお説教をしてくださいます。

昨日は、占い師さんには「貴方は本来男性が持つべき星を全て持って生まれてきているから、大抵の男性のことは負かしてしまう。対等なお付き合いができるとすれば日本人ではなく、自分の意見を白黒はっきり主張ができる外国人だろう」と言われたことをお話しすると、確かにマルコさんならさもありなんと納得してくださり。なんか紹介できそうな人がいるかも!待ってて!と、とても楽しそうにしていらっしゃいました。


マジ余計なお世話と思わなくもないですが、近所にお友だちと呼べる人もいない生活の中でこうして心配してくれる人がいるというのは心温まるものです。紹介はいらないけど(←



職場でもね。理事長先生がまた父より少し年下なのですが、なにかと世話を焼いてくださって。何の資格も経験もない事務員なのに給与面でもかなり優遇してくださってます。やめられたら困るからとも正直に言われておりますが(笑)

元来生意気だから年上に好かれるタイプではなかったのですが、大人になって丸くなったのかな。自分としては他人への興味関心が薄れたことにより…というネガティブな理由だと思っていたりもしますが、最近友人から引き寄せの法則について書かれた本を借りて読んでいるので、いろんなことを素直に前向きに受け止めて考えるよう思考の転換を心がけようと思う今日この頃です。
















関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment