Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

副菜について考える



昨日の夕飯は豚肉とナスとピーマンの甘味噌炒めでした。イベリコ豚をカットして使ったら脂の甘みでめちゃウマでした。もうちょっと調味料多めのほうが味がしっかりついて美味しかったかも。


私の食事は基本的に一食一品になってますが、メインを都度作って副菜を作り置きにしたらまともな食卓になるんだろうなーとは常々思ってはいるのです。事実キッチンを整えてすぐの頃は「作り置き野菜のおかず」なんて本を参考に作ってみたこともあるのです。

ただ、作り置きは飽きてしまうというか。もともと一食一品で満足できる残念な食育レベル&根がワガママな人間なので、食べたいときに食べたいものしか食べたくなくて、せっかく作ったし…でなんとなく食卓に作り置きのおかずを並べるのが何故かストレスに感じる始末。


でも一食一品の食卓に、見た目的な貧相さを感じているのもまた事実。一体どうすれば…と悩んでおります。


元はと言えば融通の利かない自身の性格が問題なので、時間や光熱費のロスになったとしても副菜も含めて毎食作るべきなのでしょうか。それかちゃんと一週間分のメインおかずを決めて、それぞれに合う副菜を一食分ずつまとめて作るとか…?


とりあえず、今回甘味噌炒めを作るためにようやくお味噌を購入したので、毎日夕飯にお味噌汁を作るところから始めたいと思います…











関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment