Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

ネコトイレの場所を決めました

床にマスキングテープで場所決めをしつつ散々悩んで、玄関前の廊下設置で一旦決着しました(参考:猫トイレ設置、第三の案)。そしてお店に現物を見に行き、ネコトイレの大きさ&重さにビビり、あわよくば成猫になっても小さいトイレでしてくれるかもしれないと期待しつつ、とりあえず子猫用を購入して参りました。そして実際に玄関前廊下に置いてみたところ…邪魔。

邪魔っていうほど邪魔ではないんだけど、何もない玄関に慣れてしまっているのでモノが置いてあると邪魔に感じる程度のストレスがかかりました。

これはよろしくない、ということで子猫用なのでトイレの中に置いてみたところ思っていたよりも足元を圧迫せず余裕な感じ。これはトイレ内設置か…と再度心が揺らぐ。しかし家族になるのが身体が大きくなるタイプの子だった場合、成猫になっても小さいトイレで!というのは気持ち的に虐待に近いものを感じるかもしれない。


どうしようどうしよう、と悩みつつ、とりあえず猫トイレはまだ使わないからと廊下収納の空いてる棚に移動したところ…あれ?この場所ベストなんじゃね??とひらめきました。


madr.png

また雑な間取り図を作ってしまい見づらいのですが、ピンクで色を付けた場所。玄関横の廊下収納です。今はここにステンレスラックを入れてトイレットペーパーや女性用品、掃除道具などをしまっているのですが、そのステンレスラックの最下段に猫トイレを置いてみたところ場所も大きさも完璧なのではないかと思ったのです。


猫トイレ成猫用は40cm×55cm(ニャンとも清潔トイレを想定)。廊下収納の内寸は77cm×63cm。猫砂を収納予定の玄関収納からも遠くなく、トイレの向かい側なので汚れたものを仮置きするのにも困らない。玄関やトイレ内の設置と違い生活動線にも全く影響がないのも素晴らしい。ここだ、ここしかない…! 

こうして猫トイレ設置場所問題は解決の光を見出しました。


最初は収納扉にペットドアをつけようと思ったのですが臭いがこもりそうなのと掃除がしにくそうなのがイヤで、業者さんに頼んで扉をカットしてもらうことにしました。よくあるカバー付き猫トイレの高さはだいたい50cmとかなので、余裕を見て下部60cmをカット。内部は下から61cmの位置に棚受けをDIYして、現在全く使用されていない上のほうの棚板を流用しようと思っています。

この扉のカットは業者さんと交渉の結果諸経費込で35,000円となりました。ペットドアを2つ設置するよりも結局高くついてしまいましたが、猫さんにとっても良い場所を見つけることができたと思います。


収納内は床が剝き出しの木材なので臭いが浸み込むのを防ぐのと同時に掃除がしやすいようにクッションフロアを敷いて、猫トイレエリアとなるオープンスペースは壁紙の色も変えてみようと考え中です。小さい子ども部屋って感じで、かわいく出来たら良いな。












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment