Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

5km初トライアルと、思い出した持病

週末ジョガーへの挑戦として5kmの初トライアル行ってきましたよ。

ヘコたれないようにジョギング用のジャージのまま寝て、起きたら顔を洗ってすぐ出られるように準備。「明日は5kmだ…」という緊張なのかプレッシャーなのかわからないものに精神を蝕まれて若干の睡眠不足を感じつつ、5時50分に起床。びゃっと身支度をして、6時5分にスタート致しました。


ルートは、自宅(1km)→河川敷(2km)→氏神社(2km)→自宅。1kmごとにジョギング・ウォーキングを交互にできればどうだろう……という甘すぎる目論見のもと、まずは河川敷までの1kmを完走することを目標にしました。そしてその目標は無事に達成しホッとしたところでウォーキング開始。ウォーキングのパートはスピードよりも姿勢を崩さないことを意識しました。

・視線は遠くに、背筋を伸ばす
・上半身は固定、腰で歩く
・内ももの筋肉を意識

この姿勢を崩さずに可能な限り早いスピードでウォーキング。この時点で「あぁ、ウォーキングでも5kmは辛い」と感じ始めていたのですが、それでも朝焼けに癒されながらモリモリと歩いていたのですが。河川敷の半分を過ぎたあたりで感じたのは胸痛。そして思い出しました。大学時代に最近と同様に全くの運動不足の中突然卓球部に入って運動を始めたところ今朝と同じような胸痛を感じ、不整脈の検査で陽性反応が出たのでした。

ただその後24時間のポータブル心電図検査で日常生活には全く支障がないと判断されて経過観察とされたことと、それ自体が10年前という昔の出来事だったこと、そして卓球部を退部したあとは心拍が高い状態が続くほどの運動をしなかったことにより、激しい運動は要注意とされていたことをすっかり忘れていたのです。


無理はできない、と判断して、姿勢は崩さずにスピードダウン。1kmおきにジョギングする策は胸痛と無関係で無理だと感じていたので、残りのルートは全部ウォーキングでも良い、とにかく5kmをクリアすることだけを目指しました。途中信号もありましたが運よく立ち止まることも無く、50分でゴール。1時間はかかるかなーと思っていたので、慣れていけばもっと短縮できるかもなと期待です。


+++


週に1回なら続けられそうかなと思います。来週は手袋を忘れず……今日は指先が完全にかじかんで感覚がなくなってしまいました。冬はお風呂を沸かしてから出ると良いというのも読んだのですが、50分かかるとなるとお風呂が沸いてから30分も放置状態が続くかと思うともったいないような。ただ冷えた身体がシャワーでは温まりきらないのも事実。


ああ……疲れた。












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment