Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

月17万の予算を考えてみる

予算っていう考え方は苦手な人種です。手元にあるお金で、必要なものを買って、余った分を貯金する。身の丈に合わないような支出をしなければ、自然とお金も貯まるよ!みたいな感じでした。実際それでマンションの頭金になるくらいは貯めれたし問題ないかなって思っていたのですけれども。

ひとり暮らしを始めて、当初想定していたよりも毎月の支出は大きくて。このままでは老後用の資金を順調に貯めることはできそうにないと判断し、始めることにした天引き積み立て貯蓄。しかもそちらを貯蓄のメインにしよう&年間100万貯めてみようと強気の月々8万5千円からスタート!えいやっ!と思い切って書類に記入してしまった今、ソワソワしています(笑)

そんで、収入をざっくり丸めて【手取り20万+ボーナス年70万】っていう設定で計算したところ、月々の支出を17万円に抑えればイケる!的な考えに至り。上限無く「必要と思ったものを買う」生活で毎月手取りギリギリかそれ以上の支出をしてしまっている現状、きっちり17万円に収まるように予算を設定するべきだろうと考えました。


予算の立て方もざっくりですけどね。


住宅費 60,000(ローン・管理修繕・固定資産税)
食費 20,000
ガソリン代 5,000
光熱費 6,500
水道代 1,300
通信費 12,300
医療費 5,000
保険費 4,500
奨学金 12,000
自動車 5,000
趣味娯楽 5,000
被服費 3,000
美容費 3,000
交際費 5,000
特別費 7,400
その他 15,000

毎月支出で計上されてる「その他(不要)」は基本的におやつの買い食いとかなので、予算に入れませんでした。丸めた金額で組んだので余裕がある費目とそうじゃないとことありますが、結局はトータルコストの問題なのであんまり気にしていません。ただ、フリーで使える「その他」からネコちゃん費用を賄わなければいけないとなると、どうかな?というところ。

とりあえずやってみて、厳しかったら最悪積立金額変えます(←


削減できる費目としてはまず通信費。違約金が発生しないタイミングでSIMフリーに乗り換えで5,000円ほどマイナス。そして奨学金の返済が確か今年で終わる気がする(アバウト)…奨学生番号とか忘れちゃったから確認できない(爆


まあ、こんな感じです。家計簿アプリのほうにも予算設定と、月の収入17万+繰り越し70万の設定でスタートできるようにしたので、5月から。やってみます。












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment