Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

相変わらず、に癒される

昨日楽しんできたなばなの里(参考:初なばなの里を堪能)ですが、イルミネーション期間で激混みとなるとおそらくカップルだらけだろうし、そこに帰省中の大阪君とふたりで…というのもなんだかアレだったので、名古屋君も召喚。私と大阪君は車で13時に集合、名古屋君は午前中に別の予定があったので15時頃に合流することになりました。


まずは13時に大阪君と合流して、名古屋君が来るまで1周しつつ待つことにしたのですが。大阪君は花の香りをかいでは「トイレのにおい!」と騒ぎ、あらゆる植物の毛の生え具合をいちいち確認して。学生時代と変わらないアホさ加減にひたすら爆笑してました。

かなーりゆっくり歩いて回って、良い時間になったので名古屋君と合流するため入口へ移動。名古屋君にも「入り口で待ってるねー」と伝えて、花壇の縁に腰かけて待っていたのですが。着いたら連絡くれるだろうと思ったら、次に来たメールは「ついた。カレー食べてる」でした。


は?カレー??


「入り口で待ってる」って伝えておいたのに、入場してカレーに直行しちゃうマイペースっぷり!笑
3年ぶりの名古屋君も相変わらず過ぎてまた爆笑。

カレーを食べ終わるのを外で待って合流。名古屋君と大阪君は卒業以来の再会なので10年ぶりくらいなのですが、「メガネ変わったね」「うん、そっちも」という挨拶を交わし、ホントに久しぶりに会った感もまるで無く学生時代と変わらないいい加減な会話がもう面白すぎて、かなり癒されました。


イルミネーションの点灯までかなりの待ち時間があったので、早めの夕食を摂りつつ和歌山旅行の計画もぼちぼち話せました。光のトンネルは身動きできないほどたくさんの人で、ブルゾンちえみの如く2人のメンズにガードしてもらおうと思っていたんですけど、上記の通りの大阪君と名古屋君なので、守ってもらう乙女感を味わうことはできませんでした(笑)

ライトアップされてからも「光のトンネルを集団でくぐる行為に狂気を感じる」とか、「園内のLEDは1日何球切れるか」とか、まるで色気のない会話を繰り広げ、だからダメなんだねーなんて話しながら一通り見て回って、別れを惜しむこともなく20時過ぎ頃にさくっと解散しました。


なばなの里自体も楽しんだと言えば楽しみましたけど、何より大阪君と名古屋君との会話が本当に楽しくて。和歌山旅行がより楽しみなりました。












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment