Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

原付を廃車処理するために

寒くてこめかみが痛むマルコです、こんばんは。

今日は5~6年雨ざらしにして放置していた原付をようやく業者さんに引き取ってもらいました。乗らなくなって鍵もどこかに行ってしまったし、シートも皮の部分はすっかり剥がれて中のスポンジにカビが生えている始末。近所に住んでいるやんちゃな方にナンバープレートを曲げられたりフロントパーツを割られたり、とても悲惨な姿を長々と晒してしまいました。

廃車処理しないとなーとは思ってはいたのですが、役所が開いてる時間は仕事だし買ったときの書類も無いしで先送りにし続けてしまいました。しかし来年の夏には中古マンションを買って引っ越すんだ!という目標に向かっての具体的な行動のひとつとして、今回ようやく手をつけた次第でございます。


廃車処理と言っても何からやれば良いのか具体的に知らなかったので、素直に「原付 廃車処理」とググりました。すると目に留まったのが【バイク廃車.com】という業者さま。無料でバイクを引き取ってくれるというのです。売れるような状態ではないし処分にいくらかお金がかかるだろうと思っていた私にはとても魅力的な煽り文句でした。

しかしタダより高いものは無しと言いますし、ひょっとして悪徳業者だったりしないかという不安が胸を過ります。
「無料ですよ」と言っておきながらトラックに積んだ途端に「このバイクは有料」とか言い出したり、じゃあ引き取りは結構ですと断ろうとするとトラックから降ろすのもまた有料とか言い出したり。無駄に高い想像力であれこれと恐ろしい状況が目に浮かぶワケです。

なので今度は「バイク廃車ドットコム 評判」とかググってみるのですが、様々なバイク買い取り業者の情報が出てくるばかりで肝心の廃車.comさんの口コミが見つかりませんでした。結局良く分からないままでしたが、考えるのが面倒になったのでとりあえず簡単査定だけしちゃおうとフォームに入力し、送信してしまいました。

送信してから少し経つと「06」から始まる番号で折り返しが。本家が大阪という点がまた不安を煽ります(失礼

でも引き取り日時の相談とか、必要書類が手元にない場合のバイク処理後の手続き説明とかとても丁寧で印象は良かったので、そのまま引き取りをお願いしてしまいました。悪徳だったとしてもまあ何とかなるだろうという根拠の無い自信の下に。そして今日引き取っていただいたワケなのですが、書類に名前と住所を書くと外したナンバープレートを受け取り…で、作業は終了。不安を感じるヒマすら無く、「後はトラックに積んで持って行かせてもらいますので!寒いので中入ってもらって大丈夫ですよ!」とステキな笑顔で挨拶をされました。

そんな少しの胸キュンをいただきつつ、無事に原付を引き取っていただくことができました。


あとはナンバープレートを役所へ持って行って何やら書類を書くだけでよいらしいのですが、これも年末前の平日休みで行けるかな…銀行印の登録変更と同じ日に処理できればと考えています。







ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment