Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

お金が出ていく12月

ぼちぼち節約していこうと思っているのに、なぜかお金が出て行ってしまう不思議な12月。まだ月が明けたばかりだというのに13,000円もお財布から消えているんです。これは恐ろしい。

でもおこづかい帳の明細を見るとこれが仕方のない支出なのです。何かというと、姉の誕生日が12月頭にあるから。

今年はプレゼントは何もいらないと言われたのですが、私がネットで購入した髪の毛が絡まりにくいクシを使って気に入ったらしく、同じものをその場でAmazonでポチり(+3,000円)、子ども用のものもあるので姪っ子とお揃いにしたいと姪っ子用もポチり(+3,000円)。動物好きな姪っ子が行きたがっていた猫カフェに連れて行き、誕生日だしと姉と姪っ子の分の入場料を負担して(+4,000円)。

こうして先日の土日だけで1万円が支出された次第でございます。


12月には職場の付き合いもありまして、終業日には忘年会があり(+4,000円)
長期休暇となると旅行にも行きたいワケでして(+40,000円)←デカい
姪っ子にクリスマスプレゼントも用意しなくてはいけません(+2,000円)


年が明けたらまた初詣に出かけたり、面白い番組もやらないのでDVDをレンタルしたりするでしょうし。初売りには釣られないように気をつけようと思ってはおりますが。お正月にはまた姪っ子が来るでしょうし、そしたらお年玉をあげなくてはいけないですし。

大人になると怖い師走+お正月。
何よりも大きい支出が自ら予定を立てた年末旅行であることが情けなくも慰めになったりしています。


本格的な節約は、年が明けて仕事が始まってからということにしてしまいそうな私なのです。









ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment