Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

そこは飼い主に似なくて良い…

こうしてみると、まだ子猫ですね。


めでたく耳ダニの診断を受けましたマルオ氏。一昨日の夜中に痒くて仕方がなかったようで、昨日の朝には掻きすぎて目の上に傷が出来てしまっていました。

抱っこが苦手なので耳の奥の方がお掃除できなくてどうしようかなーと悩んでいた矢先。傷が痛々しくて、万が一目を傷つけてしまっては大変なので、耳掃除のためだけに再度病院へ。すると、耳ダニだけではなく、真菌症の再発が疑われることも指摘されました。

譲渡前に真菌症にかかったことがあるとは聞いていたので皮膚が弱いのかな、とは思っていたのですが。病院通いが必要なところから飼い主に似てしまうなんて悲惨です。でも、耳ダニと併発で良かったのかな。一緒に治療してもらえるから、病院へ行く回数はトータルで考えると減るよね。



耳掃除のための通院が2回目の病院通いだったのですが、キャリーバッグの中でものすごく暴れました。入り口がマジックテープのバッグなので、飛び出しちゃうんじゃないかとヒヤヒヤするくらい激しく暴れるマルオ氏。

そんなに病院がイヤですか……

と思うと同時に、これでキャリーバッグ嫌いになったら今後大変だなぁとかはまだ良いとして、あまりの暴れっぷりに、このまま私のことを嫌いになっちゃったらどうしよう!なんて考えてしまって、運転しながら泣きそうになりました(笑)


ごめんねー怖いよねーと声をかけながらなんとか病院へ到着。処置してもらい、前回よりも激しく拗ねてしまうんだろうと覚悟しながら帰路につきました。

ところが、今回は帰宅後にバッグから飛び出してソファーの下に隠れることもなく。普通に出てきて、私の背後に回り込んで見えないところでエアーふみふみをしてくれました。何て愛おしい子…!笑


真菌症対策の飲み薬をもらったので、おやつに混ぜて食べさせました。カリカリにかけても食べてくれそうではあるんですけども、病院がんばったご褒美ということで。


また来週、耳ダニ駆除薬の塗布に病院へ行かなくてはいけないので、それまでにより一層仲良くなっておきたいと思います。


+++


それにしても、マルオ氏をお迎えしてからというもの完全にネタが猫一色ですね。側から見ていると、若干アレですよね。申し訳ありません。










関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment