Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

何もない日

せっかくの連休なのにひたすら引きこもっておりますマルコです。だってお出かけするとお金使っちゃうからね!(ぇ
海とか見に行きたいけど、良さげな海岸はたいてい海水浴場になっちゃってるからね。行っても写真撮る気にはならないだろうしね。暑いしね。


ずーっと家にいると、マルオ氏の生活リズムがわかって面白いです。まぁ大体寝てるんですけどね。ときどき寝言を言うので動画に撮りたいのですけど、なかなかタイミングに恵まれません。寝言は子猫のうちだけかなぁ…


読書中の私の横で。お気に入りの寝相。


半身浴中に扉の前をうろうろして鳴くので、解放してみたら。私が上がるときもここから退いてくれませんでした。濡れるのはキライなくせして。



ソファーの座面から滑り落ちそうな図。2人掛けのちょうど真ん中の溝にハマって寝るのが好きみたいなのですけど、私が座れないよ。


+++


明日は、姉と姪っ子が来ます。

姪っ子は触れ合えないとなるとつまらないだろうなーと思って猫を飼い始めたことは伏せておいたのですけど、夏休み中に飼うって言っちゃったし…ということで、白状しました。

ビビりだから触らないよ、隠れちゃって見れないかもしれないよ、と注意した上で、少しの時間なら来ても良いよと言ったのに、泊まりたいとか言い出して憂鬱。しかもそれを姉が諌めるのならまだしも、むしろ泊まりたいのは姉のほうで、それを姪っ子に言わせるんだからタチが悪い。


いつもダラダラ過ごして無駄に長居する人たちなので、マルオ氏のためにも様子を見てサクッと帰ってもらおう…










関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment