Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

リップケアジプシーに終止符?

私は父親譲りのぽってりとしたたらこ唇の持ち主です。これでピンクのかわいい色をした唇なら良かったのですが、赤茶色っぽい存在感のある色をしていて強烈です。地味な顔立ちなのに「オリエンタルな風貌」とか言われるのはこのせいかな……ナンパされた経験も、なぜか黒人男性率が高い(笑)

そんな感じで色が濃いので、口紅をつけてもうまく発色せずに楽しめません。加えて乾燥しがちで、口紅を塗ったらお昼頃にはもうぺリぺリ皮がめくれてくる始末。グロスはマグカップにぺっとり付いたり風に煽られた髪がくっついたりして不快だし、少し前から話題になり始めたティントは確かにしっかり色がついて「これは良いかも!」と思ったものの、やっぱり乾燥して皮がめくれる。

それでも色がのるのはティントだけなので、たっぷりしっかり保湿した上からティントを塗って、上から透明なグロスをうっすら重ねて乾燥を防ぐ……という方法で過ごしていたのですが。


薬局で偶然目に留まったロレアルパリのユイルカレスというティント。

62c94e19253189d911a0a8ff61817028.jpg 

【オイル成分約90%配合!】というPOPに惹かれて手に取ってみました。


手の甲に全色塗って試してみると、これまで使っていたティントは赤くなり過ぎる感じだったのに対してユイルカレスはとても自然な色づきで、わざとらしさが全くないのがまず気に入りました。ちょっと香りが独特というか「化粧品です!」という香りがするので、そこはアレなんですけど、色が気に入ったので試してみようと購入したのです。

買ったのは811番のピーチピンク。

20170906075248b13.jpg 

806番のピンクと迷ったのですけど、手の甲につけたときにはピーチピンクのほうが発色が良かったので。


これが、私の唇には合ったのか大正解で。色の濃い私の唇でもほんのりピンクに色づいてくれます。そしてオイル成分がたっぷりなので乾燥しない。けど、ベタつくわけでもないので不快でもない。オイル成分は飲食すると簡単に落ちてしまうのですが、色はしっかりと残るので、朝と昼食後の一日2回コレだけ塗ってれば良い感じになりました。朝塗った後は飲食せずに過ごして、職場へつくころにはオイルの感じもちょうど落ち着いてとても良い状態になります。

乾燥を気にしてリップを塗り過ぎる悪循環や、気がついたら皮が剥けてみすぼらしいことになっている恐怖から抜け出せた気がします。


香りが大丈夫なら、私と同じくリップメイク&ケアで悩み続けている姉にもおすすめしておこう……












関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment