Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

どうやら生まれつき…??



今朝は閉じてます。


昨日開きっぱなしになってしまったマルオ氏の顎。仕事から帰っても、程度は軽くなっていたもののやっぱり開いていて。ちょうど耳ダニの状態を診てもらうタイミングでしたので、帰宅後すぐに病院へ走りました。

開きっぱなしをお見せしたところ、先生も「え!?なんだこれ」と驚いていらっしゃいました。え?えぇー!?と言いながらクニュクニュ触って噛み合わせのズレを顎ごと治してやればちゃんと閉じるようになるものの、原因不明。顎関節の遊びが大きい(横方向に動いてしまう)から、おそらく生まれつき関節が緩くて、昨晩なんらかのきっかけでズレてしまって自力で治せない状態にあったのではないか?とのことでした。

ズレを治すのに触っている間痛がる素振りは見られないから、酷くぶつけたとかいうアクシデントではないだろうとの見解です。

治療のしようはなくて、自力で治せない状態になっていたらすぐ人の手で治してあげる、というのを心がけるしかないのでは?とのことでした。あまりに頻繁にズレてしまって、飲食に困難をきたすようであれば死活問題になるので、精密検査の上犬歯を抜くという外科手術を検討しましょう、とのことでした。


まあ、とりあえず良かった。


あくびの後によく舌をしまい忘れてるというのも、聞いてみると、口が閉まりにくくてかもしれないねーと言われました。兆候はずっとみせていたのね……そういうクセだとしか思ってなかったから(´・ω・`)ゴメンネ


ズレてない状態が普通、というのを感覚で覚えさせれば、繰り返すうちに自力で治せるようになるかもしれないし、そうでなくてもズレてる状態に違和感があると思わせないとズレやすくなっちゃうから、とにかくこまめに治してあげるのが今のところ大切なようです。


ああでも、いきなり手術とかにならなくて本当に良かった…!











関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment