Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

道案内の神様へごあいさつ



昨日は名古屋くんと連れ立って三重県へ行きました。以前から言っていた夜景クルーズなのですが、四日市の石油コンビナートの工場群の夜景を見に行くクルーズだったのです。本当は神社への初詣やお饅頭工場の見学なんかもセットになったツアーに申し込みをしたのですが、催行人数が集まらずクルーズのみに変更となってしまいました。ツアーで行く予定だった椿大神社という神社が、まだ主祭神として詣でたことのない猿田彦のお社だったので行ってみたくて、名古屋くんと相談の結果自力で行くことにしました。


DSCF2620.jpg


DSCF2633.jpg
静謐な雰囲気のある境内でした。少しだけ、観光地化されてしまっている気配も。


DSCF2624.jpg
敷地内の茶房。こんな家に住みたい。
和風の喫茶的なものを想像して入ったら、がっつり茶室に案内されて焦りました。作法なんて知らない!とりあえず正座して、お給仕してくださる方々の真似をして三つ指ついてとにかく挨拶。背筋の伸びる思いでした。


DSCF2625.jpg
和菓子をこうしてちゃんと食べるのも初めてかもしれない。黒文字って和菓子を食べるのにとても理に適っているのだなぁとしみじみ思いました。そしてうれしいのが、この小皿はお土産として頂戴できるのです!名古屋くんは1枚だけあっても使わないからと、譲ってくれました。私としても2枚あった方が勝手が良いのでありがたいです。


DSCF2626.jpg
お抹茶。和菓子を食べ終えないと出してもらえない雰囲気だったので、一緒に撮ることは叶わず。同席していたおば様がまず器を眺めてから啜るのを見て真似をしました。


DSCF2638.jpg
初伊勢うどん。椿大神社の敷地内にある食堂で食べました。柔らかくゆで切った太めの麺が濃厚なつゆをまったり絡めて、すごく美味しかったです。ただ半分くらいで味に飽きてくるので、卵とか何かついてたら良かったなー。邪道なんだろうか。


DSCF2643.jpg
クルーズの集合時間までだいぶ余裕がある状態で四日市の駅に戻ってしまったので、駅周辺にある神社にも詣でました。諏訪神社はちょっとしょぼかった。この鵜森神社はかつて地域を治めていた方が祭神となられているのもあってか、諏訪神社よりも大事にされている印象でした。


DSCF2647.jpg
駅周辺の散策を終えた後は近鉄百貨店内のモロゾフでまったり。モロゾフのカフェって初めて入ったかもしれない。お腹が空いてるわけでもなかったのですが、せっかくだしとワッフルを頼んでシェアしました。サクサクのワッフルが美味しかった…ホットケーキよりも好きかもしれない。


---

椿大神社の主祭神・猿田彦は、出雲の国譲りが完了した後に高天原から天つ神たちが降臨してくるのを地上で出迎えた国つ神です。伊勢までの道案内を買って出たことから導きの神様として知られています。今年はどんな一年になるのかわかりませんが、自分が選んだ道に自信が持てるように、後悔しないように、お導きをお願いしてきました。

お神籤もひきましたよ。椿大神社のお神籤には一文字の漢字が与えられていて、私は『恵』でした。

先人の土俵より自分の土俵で戦うこと
才能に恵まれ大いに活躍できるが勇み足には要注意
自分の立場を理解し周囲と調和することでより恵まれた人生を送れるだろう

とのことです。自分の得意分野で力を発揮しつつも、周囲の声も大切にして謙虚に。ということでしょうかね。とてもありがたいご宣託を賜りました。そういえば、別宮を詣でた後に何の通知も無いのにスマホの振動が止まらなくなるという現象に見舞われました。これも神様のお告げということでよろしいでしょうか?別宮に祀られている天鈿女命は縁結びとしても知られている神様なので、期待させていただきます(笑)









関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment