Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

危うく救急…!



マルオのお話です。

お風呂入りたいのに、退いてくれない


ひとり遊びが大好きなマルオ氏。猫じゃらしでさえ、床に転がってるのを自分でパシッと殴って飛ばして追いかけて…と激しく遊びます。長い紐のものやカシャブンのように糸が付いているものも、私の在宅中は出しておいて好きに遊ばせているのですが、事件が起こりました。


いつも通りひとり遊びで猛っているマルオを横目に洗い物をしていたら、カシャブンのハチを咥えて足元にやってきたマルオ。

お?珍しく遊んでくれるのかー?

と目線をマルオに送ると。咥えていると思ったハチが、実は咥えてなくて、口からぶら下がってる……?あれ?持ち手は……!?


口の端からぶら下がるハチを気にしてハグハグしているマルオ。慌てて抱き上げて口を開けさせたら、ハチに繋がった長い糸が口の奥に伸びていました。そして和室には、糸が途中で千切れたカシャブンの持ち手が落ちている。


糸を噛み切って、飲み込んでしまった…??


確か長い糸は飲み込んじゃった場合は無理に引っ張ると食道や喉を傷つけるかもしれないからダメなんだよな…と思いつつ無理やり口を開かせてみると、口の奥にくしゃっと絡まった糸が見えました。この塊を飲み込んだらさすがにヤバいと思ったのでちょっとハチを引っ張ってみたら、引っかかりも感じることなくペロッと糸が出てきてくれました。

切れた糸をクチャクチャ噛んでるうちに飲み込むことも出すことも出来ない場所に溜まっちゃったんでしょうか…飲んじゃってなくてホントに良かった…!ハチがぶら下がってなかったら気づかなかったかもしれない…!(恐怖)


私の足元に来たのは、なんとかしてくれっていうヘルプだったんですね。


飲み込んじゃったかと思った瞬間はホントに血の気が引きました。サーッていう音が聞こえたかのような心持ちでしたよ。前の毛足が長いラグもそうでしたけど、糸とみるとカミカミし続けるクセがあるらしいので、噛み切れそうな糸や紐がついているおもちゃは与えられないなと思いました。


ひとり遊びでしか最高潮までテンションを上げられない子なので、安全に楽しく弄べるものだけ出してあげるね……






関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

りんむじんづ  

他人事とは思えず、ひんやりしました…!
しかもブリ男と同じカシャぶんの蜂!

マルオさんは飲んじゃう前にヘルプ出してお利口さんですね。
ウチの粗忽者にも見習ってほしいです。
無事で何よりでした!

2018/01/16 (Tue) 17:07 | EDIT | REPLY |  

マルコ  

To りんむじんづさん

ご心配いただき、ありがとうございます。

りんむさんの、あの体験記事を読んでいたにも関わらず
マルオは獲物を齧らないし…と遊ばせていた自分を殴りたいです。まさか獲物ではなく糸の方を噛み千切るとは……

マルオは一度も吐いたことがない子なので、誤飲してしまったら開腹だったかもしれないと思うとゾッとします。

事件後、長い糸のついているおもちゃは全て糸を切ってやりました(笑)

2018/01/16 (Tue) 17:41 | EDIT | REPLY |  

Add your comment