Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

本日のごはん



本日の昼食:むね肉のチーズ明太子挟み焼き
大分はみ出しちゃってます。


Facebookで見かけたレシピ。大葉も挟まってて夏向けレシピかなーって感じですが、美味しそうだったので作ってみました。チーズ+明太子+大葉を鶏肉で挟んで、うっすら照り焼き風の味付けで仕上げて、美味しくないわけがないよね。満腹以上になることがわかっていながら、小振りのむね肉だったので食べきってしまいました。夕飯は抜きです。


脇に添えたパンはお職場で押し付けられて始末に困っている餅で作ったポンデケージョもどきです。

ムダに石窯パン風の焼き上がり。


ベーキングパウダー買うのがもったいなくてドライイーストでトライしたのですが、予備発酵分の水分が余分でまとまりの悪い生地になってしまいました。それでも小麦粉を加えてなんとか仕上げてみましたら、肝心のチーズ風味が薄れてしまうという悲惨な結果に。ただのモチモチしたパンになりましたよ。お餅はまだまだ残っているので、もっかい作ろう。


+++


挟み焼きを作るために午前中に買い出しに出なければいけなかったので、どうせ出かけるならとBOOKOFFも行ってきました。

本日の戦利品


手前4つは普通に小説ですが、奥の5冊は歴史のお勉強用に。というのも、大阪くんが今度京都へ転勤になりまして。新居チェック兼ねて京都観光しなきゃねー!と名古屋くんと話していて、行きたい寺社をいろいろ調べていたら、どうも歴史的知識の足りなさを感じまして。

京都は大体、奈良時代から幕末くらいまでは舞台の中心に位置してくるような気がしているので、知らないよりは知っていたほうが楽しめることも多かろうと、お勉強することにしたのです。

歴史を舞台にした小説で良いのがあればなーと思ったのですけど、なかなか無いですね。なんなら日本史の地図帳買おうかとも思ったのですが眠たくなること必至だったので、昔ハマって読んでた井沢さんの『逆説の日本史』シリーズを読み直すことにしました。歴史の本筋を斜めに読み解くシリーズなので、気になったテーマが出てきたら都度調べて理解を深める方針でいきます。1〜3巻と10巻しかゲットできなくて京都が騒がしい奈良・平安が飛んでるので、買い足さないとなぁ。でも10巻でまだ戦国時代とかだから、全巻揃えようと思うと大変だし、いろんなBOOKOFF通って地道に収集しよう。






関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment