Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

内覧時に確認するポイントをまとめてみる

運動不足のところに突然スクワットとかやりだして、普通に歩くこともままならない筋肉痛に襲われておりますマルコです。どうして仕事があと数日で始まるというこのときにスクワットしちゃったのか。でもプログラム通りにやるなら今日は60回をこなさないといけないのです。辛いとすぐにやめてしまう根性ナシも少しは直るでしょうか。


年明けからさっそく中古マンションの内覧をいくつか予定し始めました。実際に引っ越すのは半年も先のことになりますが、その辺りも相談してみないと方策がわからないですし!むしろそこで親身になって話を聞いてくださる担当さんであれば、物件探しのパートナーとして信頼できそうだと思います。

まずは10日の日曜日に2件を予定しました。申し込みをした段階でとてもドキドキしてしまっています。せっかく実際に物件を見ることができる機会ですので、漏れの無いように内覧時のポイントをまとめてしっかり準備をしていきたいと思います。


+++

1.内覧中はすべての窓を開放する
風通しを確認するためということもありますが、それ以外にも周辺からの雑音がどの程度かを体感するのが目的です。幹線道路沿いであれば車の音も気になるかもしれませんし、今回探しているのはペット可の物件であることから近隣住人の住まいから犬の鳴き声がずっと聞こえてきたりしないかなども確認できます。また、隣家からの匂いなども要チェックです。


2.掲示板を確認する
外国語の案内があれば外国の方も住んでいるということ。購入希望物件と同フロアや上下に外国の方が住んでいるようであれば残念ながら諦めます。また、掲示の内容についても要確認。騒音に関する注意やゴミ分別の注意など居住者のレベルが伺える内容のものや、不審者の侵入警告等の治安関係のものがあれば注意。


3.ゴミ捨て場、集合ポスト、駐輪場を確認
居住者のモラルやマンションの管理レベルが分かる箇所です。


4.修繕履歴と今後の修繕計画内容を確認
共有部分の配管修繕がきちんとされておらず、水漏れトラブルになるケースが多いようです。また、今後の修繕計画で大規模なものが予定されていれば修繕積立金が大幅に上がる可能性があるので確認。


5.売主が手放す理由を確認
「この物件ステキ!買いたい!」と強く思える物件ほど、なぜそれほどの物件が売りに出されたのかは気になるところです。ご近所トラブルなどはなかったか、上下左右にどのような方がお住まいなのかを確認したいところ。


6.平日夜に再度内覧できるか
仕事から帰って寝るまでの間の時間をリラックスして過ごせる周辺環境かどうか確認するためにも、平日夜に再度内覧をして窓を全開放したいです。


こんなところでしょうか…あとは物件ごとにいろいろ条件がありますが、ノートにまとめて聞き漏らしのないように準備していきたいと思います。










ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment