Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

名古屋歌舞伎を初体験



本日は仕事の研修(?)で、円頓寺商店街にあるカブキカフェへ行って参りました。




入場券を買うと、おひねり3つとドリンク引換券が貰えます。



第1幕。
名古屋歌舞伎ってこんなのだよーっていう触りを、お店の外で数分堪能。商店街を行き交う人たちへのアピールも兼ねているのでしょうね。


写真撮影タイム。
センターの座長さんは、多分ですけど、名古屋戦国武将隊で初期に織田信長役をやっていた方です。左下の赤い着物の方は、何年か前の名古屋まつりで真田幸村の隊に居た気がする…。
みなさん、歌舞伎の舞台以外でも芸能関係のお仕事をされている方々だそうです。


名古屋歌舞伎は伝統的な歌舞伎を現代風にアレンジしたもので、若い人たちにも楽しめる表現・内容になっています。今回は一応研修というかたちで、職場で舞台を演出する際に何か盗めるものがあれば…といったところでしょうか。

想像していた以上に面白くて、途中涙が流れるくらい笑ってました。映画やなんかと違って、観客もわーわー騒ぎながら一体になって観られる舞台はとても楽しかったです。途中で「ヨッ!」「名古屋座!」とかの声掛け(オオムコウと言うらしいです)がなかなか難しくて参加できなかったのですけど、また別の演目も観に行きたいなぁ。



演目の最後に降ってくるお札。全キャスト分のカラーが降って来ていたはずなのですが、コンプリートできませんでした。あと3枚、かな?



---






第2幕の後15分休憩があったのですが、その間舞台上に投影されていたメッセージ……「入」の文字だけフォントが違ってて気になって仕方がなかった(笑)

これは職業病かしら。






関連記事
スポンサーサイト
↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Latest