Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラフォー独女の日々の出来事を綴ります。

物件A 築25年の経過は感じるものの

マンションの南側には敷地内に公園が整備されていました。北側にも隣の棟とスペースを空けるための広場があり、そちらも樹木とちょっとしたベンチなどが置かれていて自然豊かな感じです。落ち葉やゴミのポイ捨てもなく掃除の手がしっかり行き届いている印象。駐輪場も乱れはなくゴミステーションもとてもキレイでした。


マンション一周を終えてエントランスへ戻ると担当のHさんが見えていたので、挨拶をして中へ。Hさんはとても気さくな方でガツガツした営業マンというタイプではなかったので、すぐに打ち解けることができました。

オートロックを解除してまずはエレベーターへ…と、ここで知らされた事実。今回内覧する部屋の階にはエレベーターが止まらないというのです。もともとに奇数階にしか止まらない設計になっていて、偶数階の住人は一つ上の階で降りて階段を使って部屋に行くそうで。一瞬「えっ!」と思ったものの、実際に部屋まで行ってみると偶数階はエレベーターが止まらない分どの部屋も廊下に面していない構造になっていてプライバシー面で奇数階より優れていることがわかりました。

階段を下りた先に玄関があるので穴倉へ潜っていくような閉塞感はありますが、玄関を開けて部屋に入る様子が外部から見えない・部屋に入ってしまえば外の様子を完全に気にしなくて良いという点は私としてはかなり高得点でした。


部屋の内装は写真の通り私の好みど真ん中。事前の計画通り入ってすぐ窓を全開にして内覧中を過ごしましたが、大きい通りから一本内側に入った通り沿いにあるので騒音はほとんどなし。周囲の部屋からのペットの鳴き声なども聞こえてきませんでした(冬だからみんな窓を閉めているということもあるとは思いますが)。北側の部屋は窓を開けると広場に面していてひんやりとした風が入ってきました。背の高い木がいくつか植わっているので夏はもしかして蝉がうるさいかもしれません(笑)


開けられる扉や引き出しはすべて開けてぐるっと一回りしたところ、マイナスポイントは皆無でした。間取り図を見て心配していたキッチンの広さも背面収納を設置するのに問題無いスペースで一安心。この時点で気持ちはもう決まったも同然だったのですが、LDKに戻りHさんへの質問タイムに突入です。









ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment