Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

久々のダメージ



転勤で東京にいるはずの弟が。聞いてた話と全然違うことになっていました。騙された。


【聞いてた話】
・行政委託事業だから超安定
・東京の新拠点立ち上げで転勤
・家賃は全額会社持ち
・年に一度帰省手当


【実際のところ】
・高校時代の友だちと東京で事業立ち上げ
・業種は不明(聞いても濁す)
・現状貯金切り崩し生活


何してるの?ねぇ何してるの( ^ω^ #)??


別にもう30過ぎた大人だし好きにしてくれれば良いんだけどさ。連帯保証人とかさ、変なことやっちゃってたら……って考えると恐ろしい。

誰にも言わずにそんなことしてて、前の会社辞めるときに保険証の返還とかの手続きを完了してなかったせいで身元保証人になってた姉に連絡が入って、それで退職してるのがバレて、何も聞いてなかった姉はパニック状態ですよ。


黙ってやるならバレないようにやれよバカか。


しかも姉からの連絡を受けて電話には出たものの、詳しい仕事内容も言わないとかさ。そのくせ、誰にもまだ言わないで!とか言ったらしくて。情けない。


姉もブチ切れて聞きたかったらしいけど、弟は過去に鬱病を患ったこともあるのであまり追い詰めることもできず。とりあえず連絡が取れなくなると困るから、辞めちゃったもんは仕方がない事業がんばれー的なスタンスを取りつつ、でもお父さんにはちゃんと説明しておきなさいね、と説得したところです。


お父さんも忙しいのに。いつまでたっても父親業が終わらなくて本当に申し訳ない。苦労をかけてしまうと思うと、私は悪くないのに泣けてくる。お母さんには何て言おう。会社からの帰省手当でお母さんを北海道に連れて行くって話してて、それを聞いて涙を浮かべて喜んでいたのに。


とりあえずお父さんがうまいこと話を聞き出してくれるのを待つばかりです。


もうホント……何かあったときのために、戸籍分けたほうが良いんじゃなかろうか。






関連記事
スポンサーサイト
↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment