Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

男女二人旅



旅行記冒頭でも書きましたが、2泊同室でしたが何の間違いも起こりませんでしたよ。

初めての2人旅だというのに、まるで隠居した老夫婦のような落ち着きっぷりで夜を迎え。掛け布団がちょっと重なる程度の距離で並べられた布団に動揺する気配もなく、すんなり眠りにつきました。名古屋くんなんて私がいるのに平気でジーンズを脱いで部屋着に着替えだしましたからね……!ナイスな気を遣わないっぷり。

あ。あえて意味深な言い方をすると、何度か手をにぎにぎしたりはしました(何


---


実は今回の旅行中、熊野古道で名古屋くんに大迷惑をかけました。

DSCF3042.jpg

大門坂から続く石畳の道を抜けると、熊野那智大社へ向けて舗装された道や階段が続きます。石畳の道で調子に乗りすぎてしまったのか、後半バテバテになっていた私。舗装された道に出て少しすると、胸部に違和感を覚え。「あっヤバい」と思ったときには不整脈らしき不愉快な動悸を感じました。ちょうどベンチがあったので座ろうと体勢を崩した瞬間視界がブラックアウトするのを感じ……倒れる前に座ることができて良かったです。


名古屋くんには狭心症のことを話していなかったので脱水か熱中症かと思ったらしく。水を飲め!塩分タブレットを食べろ!と世話を焼いてくれました。実際手足に力が入らなくもなっていたので、熱中症にもなりかかっていたのかもしれないです。なんて情けないことでしょうか。その後も少し進んではベンチがあるたびに休憩をして、水と塩分タブレットを摂取して。那智大社の鳥居前で休憩をとるころには大分回復することができました。

ベンチを見つけると私より先に腰かけて休憩を促し、私が立ち上がって出発しようとするまで黙って隣で座っていてくれた名古屋くん。完全に迷惑かけているのに不機嫌になることもなく、でも気を遣い過ぎたり「大丈夫?」って何度も聞いてきたりしないところとか、ホントに居心地最高な人だと思いました。


それにしても。こんなことでは、いつか行きたいところリストにある屋久島には行けないなと、ちょっと落ち込んでしまいました。普段から運動して体力をつけないと、と思うのですけどね。なまけ癖はなかなか治りませんね。


+++

旅行記はこれにて終了です。たいした写真も無いのに長くなってしまいました(笑)






関連記事
スポンサーサイト
↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment