Late Blooming Story

占いに行くたびに「大器晩成」と言われ続け、未だその時期を待ち続けるアラサー独女の日々の出来事を綴ります。

暴力的食欲



食べ残ししたり足りないと言ってきたりのマルオを責められないレベルで食欲にムラがあるマルコです。今日はやたらと暴力的な食欲に悩まされております。


朝は普通にトースト・ポテトサラダ・カフェオレで済ませたところまでは良かったのですが、職場での昼食が煮込みハンバーグ定食(完食)、その後コーヒーを飲みつつチョコレートをつまむこと…6個。しかもちょっと大きめのやつ。

そして帰宅後、いつもなら青汁で済ますところが今週はロメインレタスがあるのでサラダも食べつつしているのですが、今日はとてもそれでは満足できそうになくて、ペペロンチーノ作って食べてしまいました。


めっちゃ美味しかった……けど、軽く罪悪感。


でも本当は間食のチョコレートで罪悪感抱くのが正解なのでしょうけれども(笑)

ペペロンチーノを食べ終わって今、カフェオレが飲みたくて仕方がないのです……我慢してお水にしておこうかな。どうしようかな。


+++


来年度の人事が発表されて、私と妙に張り合っていた先生が異動もしくは退職になりました。本人の希望により、ですが。家庭の都合でということになっていますが、今年度上司との間で持ち上がったトラブルを引きずっているのは間違いなく。

しかも最初は理事長先生を味方につけていたのに、私が間に入って他の先生たちと理事長先生が話す機会を設けた直後から理事長先生の認識が変わってしまって、100%の味方ではなくなってしまったのですよね。

9月の旅行あたりで悩んでいたのはこの辺のことでした。


私は客観的に見ていて他の先生たちの考え方のほうが正しいというか、件の先生は他の先生たちの気持ちを勝手に決めつけて話していたところがあるから、理事長先生が色々と誤解をしていると感じて。人事は理事長先生の一声で全てが決まるので、正しい情報のもと判断して欲しいという想いから橋渡しをしました。熊野三山ではひたすらじっとしていろとおみくじに書かれていたにも関わらず!笑

でも私は自分の考えを述べたわけではなく、他の先生たちが自分の気持ちを理事長先生へ伝える手助けをしただけなので、でしゃばったとは思っていませんけれど。


そしてこのトラブルにはもうひとりの先生が関わっていました。その先生は年度の途中で系列施設の人員不足補充という形で今年度限定で出向していたのですが、「どうして自分が…」とか、「私が来年度戻れるように誰もフォローしてくれない」とか、お門違いの不満を何度も何度も上司にぶつけまくった結果、来年度もそのまま出向先に留まる結果となり。これも本人の希望ですが。

結果、トラブルメーカーだったふたりの先生が来年度はいない!ということになりました。


このふたりの先生は経験年数も長いベテランで、年齢的にも良い大人なのですが、精神年齢は本当に幼い人たちでした。いくら実力があっても一緒に働いてる人たちに敬意がなかったりするのはダメだなーと、私も立場的にはお局だし、気をつけないといけないなと思っています。






関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓ブログ村のランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment